カードローン 返済 延滞

延滞は何か月までOK?

延滞の期限ってある?

基本は3か月。それ以上だと事故情報として扱われる
(=ブラックになる)

 

自動引き落としにしていたのについうっかり残高の確認を怠り、ローンの返済が遅れてしまった。。。
実際にはよくある話です。
こうした場合に、事故情報として信用情報機関に掲載されるかといえば、ほぼ間違いなくされるようです。

 

1回の延滞でも延滞は延滞です。その記録は一定期間残されます。

 

しかし、ではそのことをもってして金融ブラックとなり、他のカードローンや融資の審査が通らなくなるかといえば応えは(たぶん)『NO』です。
もちろん、毎月決まった日に決まった額を返済するのは契約上の義務ですからそれを怠ったとなれば問題には違いありませんが、人間だれしも間違いやうっかりはあるものですからそれだけでは大きな問題とはならないケースがほとんどのようです。

 

しかし、これが3か月続くと問題は深刻になります

 

明確な規定があるわけではありませんが、業界関係者に聞いても、そしてインターネットなどで調べてみても、『3か月延滞すれば事故情報として記録される』という答えが返ってきます。

 

では2か月程度ではどうでしょうか?
2か月の延滞でもやはり問題の深刻度はやや大きいといえます。

 

2か月の延滞で起こりうる事態としては、

 

クレジットカードなどを新たに作れなくなる
利用中のカードの限度額が減らされる

 

といったことが想定されます。これも事故情報として記録されると考えてよさそうです。
また、2ヶ月の延滞であっても、それまでの返済履歴によっては、カードの利用を停止されることもあるようです。

 

では、別の延滞パターンで、2か月続けて延滞するというケースはどうでしょうか?

 

数日遅れで返済はしているものの、それが2か月だった場合です。

 

これは会社によって判断が分かれるようで、明確な答えはありません。
ありませんが、場合によっては事故情報として記録されることもあるようです。
過去ちょくちょく2か月、3か月連続で延滞したという履歴があれば、事故情報として記録される可能性も低くはありません。

 

ちょっと遅れただけなのに、、、という言い訳は通用しませんから返済日や返済額の確認はしっかりとしておく必要があります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ